時事ネタ

平成以降で被害者数最悪?京アニ放火事件の起こった場所はどこ?

2019年7月18日、京都アニメーションで大規模な放火事件が起こりました。

どうやら京都アニメーションの1階に男が入ってきてガソリンをまきながら「死ね!」と叫び火をつけたとの事。

途端に大爆発が起こり、犯人も負傷しているとの事です。

京アニ放火事件の被害者数は平成以降、最悪の人数でした。

・京アニ従業員数130人

・死亡者数33人(負傷者数35人)

約1/4の従業員の命を奪った大きな事件です。

日本のアニメ文化を引っ張ってきた京都アニメーションですが、まさかこんな事態を起こされてしまうとは非常に残念でした。

『涼宮ハルヒの憂鬱』や『けいおん!』等、様々な名作を生み出した会社です。

そして、アニメオタクからは京アニに行く事を聖地巡礼とも言われていました。

さて、平成以降最悪の放火事件の起きた京都アニメーションですが、場所はどこなのでしょうか。

地図と一緒に場所を見ていきましょう!

また、SNSで平成以降の比較されている事件も一緒に見ていきましょう!

平成以降で被害者数は最悪?

今回の京都アニメーション放火事件は、平成以降最悪の放火事件と言われています。

実際にどれくらい京都アニメーション放火事件が悲惨な事件となったのか、平成以降の有名な事件と比較してみましょう。

SNSで比較されている事件は、地下鉄サリン事件、秋葉原通り魔事件でした。

各事件の死者数を比較すると

京アニ放火事件:33人(負傷者数35人)

秋葉原通り魔事件:7人(負傷者10人)

地下鉄サリン事件:13人(負傷者約6300人)

圧倒的に京都アニメーション放火事件の数字が大きいですよね!

どれだけ悲惨な事件だったか、一目瞭然です。

京アニ放火事件の起こった場所はどこ?

放火事件の起こった場所は、京都アニメーションの第一スタジオと報道されています。

最寄りの駅は、京阪宇治線の六地蔵駅で、100m程離れた場所に位置しています。

そして、実際に放火事件のあった京都アニメーション第1スタジオです。

大勢の被害者が出ていますが、この建物で大爆発が起きればもはや逃げる暇もありませんよね。

本当に怖い事件です。

従業員の方々はいつも通り出勤し、いつも通りお仕事をされていた中、いきなり大爆発が起こり職場が燃えているとか本当に怖い思いなんてものじゃなかったかと思われます。

最後に

今回は平成以降最悪の京都アニメーション放火事件の被害者数と起こった場所について見ていきました。

歴史的に残る大事件となることでしょう。

決して過去に起こった地下鉄サリン事件や秋葉原通り魔事件が軽度な事件ではないことも心に残しておきたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

RELATED POST