TV

ザ!世界仰天ニュース はれのひ事件の真実が泣ける。社長が酷いと話題!

1月7日、ザ!世界仰天ニュース4時間SPが放送されました。

今回の放送では、はれのひ事件の真実について語られました。

成人式当日、予約した振り袖をレンタル出来ず大騒ぎになった大事件です。

振り袖レンタルってかなり高額ですし、成人式は一生に一度なのでショックを受けられた方も大多数でした。

しかし、私は今回の放送を見て、はれのひに対する見方が一気に変わりました!

はれのひ事件の真実に対するみんなの声

はれのひとは、2011年設立の振り袖の販売・レンタル・着付けを手掛ける会社でした。

店舗は横浜みなとみらい店をはじめ、八王子店、つくば店、福岡天神店がありました。

当時の社長は篠崎洋一郎です。

とにかく、社長の行っていたことがひどすぎて怒りが収まりません。

それに対し、社員さん達の頑張りがすごすぎて本当に泣ける内容でした。

今回の放送を見た方たちの声を見ていきましょう!

内容がほぼ分かるようなツイートでしたが、今回の話の内容をまとめます。

はれのひ事件の真実とは?社長が酷すぎる

はれのひ事件の真実についてまとめます。

はれのひは、サービスが充実した業者でお客さんからの評判はとても良く、現場で働く社員さんもお客さんの楽しみにする姿を裏切らないよう日々努力をしていました。

社内でははれのひ独自のルールが設けられており、そのために退職をする社員も多くいたとのこと。

また、営業の電話も1日300件がノルマで、2日後にはまた電話をしなければいけないルールがありました。

社長は店舗を増やせば収益が増えると思っていたが、店舗の立地が家賃の高い場所・充実しすぎたサービスで経営が赤字になりました。

赤字になったことを社員のせいにし、自分は高い役員報酬で豪遊。

(もうこの時点で腹立たしいですよね!)

経営状況が悪化し、社長は銀行に融資を申し出るが断られました。

決算書の改ざんを従業員に指示し、6500万円の融資をうけることが出来ました。

が、融資の金もすぐに無くなり従業員の給料の未払いが始まりました。

給料の催促をすると自身も給料をもらってないと言い出す始末。

(役員報酬4500万ももらってたら何年か生活出来るのに、何を言ってるのかわかりませんね。)

給料が振り込まれなくても、次の成人式だけはと現場の社員たちは頑張っていました。

突如振り袖の仕立て業者から、本社から入金がない為納品が出来ないと連絡があり、店舗から本社に電話をかけても対応をしてもらえず。

本社に言っても無駄なので、業者に直接連絡を取りましたが断られていました。

しかし、成人式1ヶ月前特別に後払いで納品をしてもらえるとのこと。

社員は3ヶ月給料をもらっていない状態で頑張られていました。

ある日メールで美容業者から、本社からの入金が無いため取引お断りのメールが届きました。

(これ、現場の社員からしたらとんでもないことですよね!)

また、小物関係も足りず、業者に依頼をするも金の話があるため、福岡天神店の店長は自腹で業者に費用を支払い準備を進めていきました。

(何ヶ月も給料を貰っていないのにも関わらずここまで出来るって本当にすごいと思います!お客さんを裏切ったらダメだという思いからこの行動に出られたとの事でした。)

ヘアメイクも断られ、後払いで対応してもらえる業者に依頼をされました。

準備は整ったにも関わらず、着付け業者キャンセルの連絡があり、本社からは営業停止の命令が下されました。

がしかし、業者に直接交渉してなんとか対応してもらえる事になりました。

しかも、お客さんの為に店長は全部自腹で準備をされました。

(もうね、福岡天神店の店長が社長でいいと思いましたね!)

福岡天神店は無事に123人の着付けを終える事が出来ました。

そして、次回の料金を払われているお客さんにもしっかりとアフターケアをされており素晴らしいと思いました。

最後に

ここでは、ザ!世界仰天ニュースで放送されていた、はれにひ事件の真実について見ていきました。

世間の声では、はれのひの社長に対する怒りの声、社員さんたちへの感謝の声が多く見られました。

本当に、社員さんたちからすると苦しすぎる期間だったかと思われます。

本当に、毎年素敵な成人式の振り袖をありがとうございます。

こんな裏側があるとは知らず、はれのひはダメだみたいなことばかり思っていましたが、実際の現場の事を知れて感動しました。

最後までご覧いただきありがとうございます(^^)

RELATED POST