時事ネタ

Jアラートが鳴る条件とは?EEZにミサイルが飛んできてなぜ鳴らないの?

本日、北朝鮮からEEZにミサイルが飛んできました。
しかし、Jアラートはなりませんでした。

いったいなぜなのでしょうか。
まずは、Jアラートの鳴る条件について見ていきましょう!

Jアラートが鳴る条件とは?

内閣官房国民保護ポータルサイトでは、Jアラートが使用されるケースについて以下の様に書かれていました。

Q1

どのような場合にJアラートが使用されるのでしょうか。

A1
全国瞬時警報システム(Jアラート)は、弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がある場合に使用します。
逆に、日本の領土・領海に落下する可能性又は領土・領海を通過する可能性がないと判断した場合は、Jアラートは使用しません。
なお、領海外の日本の周辺海域(排他的経済水域(EEZ)等)にミサイルが落下する可能性がある場合は、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。

(引用:内閣官房国民保護ポータルサイト

つまり、Jアラートが使用されるのは「弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性・通過する可能性がある場合」と言う事ですね!

今回ミサイルが飛んできてなぜ鳴らないのか?

今回、北朝鮮から弾道ミサイルが飛んできましたが落下した地点というのが、EEZでした。
EEZとは「Exclusive Economic Zone」の略で、排他的経済水域の事です。

内閣官房国民保護ポータルサイトの文章では「…なお、領海外の日本の周辺海域(排他的経済水域(EEZ)等)にミサイルが落下する可能性がある場合は、Jアラートは使用しませんが、船舶、航空機に対して迅速に警報を発します。」とあります。

今回の落下地点は青森県の西側の水域でした。
地図で見ると、EEZに落ちたと行っても非常に近い場所に弾道ミサイルが落ちている事がわかります。

そして、領海に落下する可能性・領海を通過する可能性が今回は無かった為に、Jアラートが鳴りませんでした。

とはいえ、かなり攻撃的な姿勢に見えますよね。
狙った場所に落としているとはいえ、誤動作等も100%無いとは思えません。

その気がなくても、日本領土に落ちてしまえば間違えたでは済まされません。
他国とはいえ人の命を天秤にかける様な事は本当にして欲しくありませんよね。

最後に

ここでは、Jアラート鳴る条件について、EEZにミサイルが飛んできてJアラートがなぜ鳴らないのかについて見ていきました。

まさか自分が生きている間に戦争が起こるなんて思ってもみませんでした。
ウクライナとロシアの紛争も早く落ち着いて欲しいものです。

コロナウィルスもまだ流行っていますし、人同士で争っている場合じゃないのではと…

最後までご覧いただきありがとうございます(^ ^)

RELATED POST