健康

アレルギー物質「黄砂」と「pm2.5」の違いは?引き起こす症状は?

春になると花粉がよく飛んで、目が痒くなったり、喉が痛くなったり、くしゃみが止まらなかったりする方がたくさんいるかと思います。

実は私も春になると花粉に非常に悩まされている一人です。

目が痒いし、くしゃみが止まらない。

鼻のかみすぎで鼻が痛くなって仕事にも集中することができません。

暖かくて過ごしやすい季節なので好きなのですが、アレルギー物質に悩まされること。。。

さてそこで、実は花粉以外にもアレルギー物質が飛んでいることをご存知でしょうか。

黄砂やpm2.5という言葉をよく聞くことがあると思います。

ここではアレルギー物質の「黄砂」と「pm2.5」の違いについて調べてみました。

また、「黄砂」と「pm2.5」によって引き起こされる症状についても見ていきます。

アレルギー物質「黄砂」と「pm2.5」の違いとは?

アレルギー物質「黄砂」と「pm2.5」の違いとは、「黄色の砂」と「2.5μm以下の粒子状物質」の違いです。

黄砂とは?

黄砂とは、文字通り黄色の砂ことです。

モンゴルや中国大陸のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原等で数千メートルもの高度まで巻き上がり、偏西風によって黄砂が飛散します。

この黄砂には日本への輸送途中に大気汚染物質が混じる事があり、アレルギーを起こす原因となることが少なくありません。

pm2.5とは?

pm2.5とは「particulate matter 2.5」の略で、直訳すると「粒子状物質 2.5」です。

粒子径が2.5μm以下の物質の総称で、黄砂もpm2.5に含まれます。

花粉は3.0μm程なので、定義に通りに見るとpm2.5には含まれません。

大きさとしては、髪の毛の30分の1程度の大きさです。

では次に、「黄砂」と「pm2.5」によって引き起こす症状について見ていきましょう。

「黄砂」と「pm2.5」によって引き起こす症状とは?

「黄砂」と「pm2.5」によって引き起こす症状は以下のとおりです。

黄砂による症状

  • 目の痒み
  • アレルギー性結膜炎
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 喘息

pm2.5による症状

  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 慢性気管支炎
  • 肺気腫
  • 高血圧
  • 虚血性心疾患
  • 不整脈
  • 心不全
  • 肺がん
  • その他

 

最後に

アレルギー物質「黄砂」と「pm2.5」の違いと、引き起こす症状について見ていきました。

黄砂とは…中国大陸巻き上げられた汚染物質を含んだ黄色の砂。

黄砂による症状…目の痒みアレルギー性結膜炎くしゃみ鼻水喘息。

pm2.5とは…粒子径が2.5μm以下の物質の総称。

pm2.5による症状…慢性閉塞性肺疾患慢性気管支炎肺気腫高血圧虚血性心疾患不整脈心不全肺がんその他

ドラッグストア等でpm2.5対策グッズも販売しているので、しっかり対策していきたいですね!

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)