時事ネタ

平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が爆売れした理由。大正駅では売り切れに。

平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が爆売れしています。

ツイッターでは「明治のR-1」が話題になり、トレンド入りしています。

ここでは平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が大量に売れている理由について見ていきます。

平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が爆売れした理由。

平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が爆売れした理由は、新元号「令和」の前に元号の移り変わりの儀式と言う事で購入して飲む人が続出した為みたいですね。

使用している文字を見ると「平成」「昭和」「明治」と直近の元号が揃っています。

ここで気づいた方もいらっしゃるかと思うのですが「大正」が含まれていない事がわかりますよね。

平成最後の昭和の日に「明治のR-1」を飲む場所は?

平成最後の昭和の日に「明治のR-1」を飲む場所は「大正駅」です。

表題をみて直感した人がほとんどだと思うのですがこれで「平成」「昭和」「大正」「明治」が揃いました。

これで儀式の完了です。

ツイッターでは大正駅「明治のR-1」の写真を撮る人が続出していました。

中には時計と一緒に「明治のR-1」の写真を大正駅で、平成最後の昭和の日になった瞬間写真を取っている強者もいました。

「明治のR-1」が大正駅では売り切れに?

「明治のR-1」が大正駅では売り切れになったみたいです。

大正駅のゴミ箱が「明治のR-1」でいっぱいになっている写真が上がっていたり、大正駅付近で販売している「明治のR-1」が売り切れになっているとのツイートが見られました。

実は「明治のR-1」は調べてみるとデザート・ヨーグルト部門での売り上げランキングで1位になっている商品でしたので、今回の騒動で圧倒的な売上の数値になっている事が予想されますね。

最後に

今回は、平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が爆売れした理由と、大正駅では売り切れになったことについて見ていきました。

記事の内容をまとめますと

・平成最後の昭和の日に「明治のR-1」が爆売れした理由

 ⇒新元号「令和」の前に元号の移り変わりの儀式と言う事で購入して飲む人が続出した為。

・「明治のR-1」が大正駅では売り切れに?

 ⇒「平成」「昭和」「明治」ときて「大正」を補う為、大正駅で飲む人が続出した為。

新元号「令和」に変わる前に、平成最後の〇〇で軽いお祭り騒ぎになっていますね。

平成最後にやり残したことが無いように、思いついたら何でもトライしていくのも記念になると思います。

悔いのないよう、平成最後を楽しんでいきましょう!

最後までご覧頂きありがとうございます。

RELATED POST